アトリエ通信(日記)

2021-07-08 05:20:00

早起きした。早寝したわけでもなくて最近気温が微妙で寝苦しいからあまり長く寝ていられない。昨日は氷枕を買ったのでいつもより気持ちよく寝れた。年々この時期は体温調節が苦手になってきている気がする、けどそうでもないかも。数年前にもっと夜寝苦しかった時期があった気がする。たしか敷布団を買い替えた時期だった。

そんなことはどうでもよくて、今朝思いついたことは、私は自分で思ってる以上にというか、ほぼ自覚がなかっただけかもしれないけれど、絵について、かなりのすききらいがあるんだということ。絵に関しては、実は誰にも譲れないようなこだわりがあって、それは自分の創作についてではなくて、絵そのものについてのこだわり、というかすききらいなのだけれど、それは説明できるような基準は存在していなくて、純粋に自分の感性だけで判断できる類のもので、しかも一瞬で決まる。だからこそ本物だと思う。変化していく本物。その日、その時の自分の感性で決まる、しかしそれは頭で決めるものではないので、自分の感性だけではなく、地球や風や温度やなにかの粒子やらといった自然そのものの流れにも影響されたすべての要素を通り抜けてきて最終的に私自身の直感という感性によって決まる。

絵を観るという行為もこれと同じようにして観てしまう。すきかきらいか。それは頭は使わない。自分にとって刺さるかどうか、ぐっとくるかどうか。絵に関してこのことは譲れない。作家の性格、経歴や取り組む姿勢、作品に込めた意図などは、作品そのものと切り離して観てしまう。でもこうやって絵と向き合っていくのはとてもおもしろい。せっかくの芸術なのだから頭でっかちではおもしろくない。もっと感性を五感を使って、自分自身の能力や可能性について知ることができるのが芸術で、それは創作する側だけでなく観る側も同じで。

もっとみんなすききらいで絵や芸術を楽しんだらいいのにと思ったりした。私はファッション的な絵も好きなのだけど、たぶんそういう思いがあるからだろう。決して、流行りがどうとか好かれるためのファッションという意味じゃなくて、個人のすききらいというオリジナルな感性と絵が結びつくというところに魅力を感じているのかもしれない。
感性を使うのは意外と難しかったりして、なんとなく良いかもと流行りにのった洋服を買ったとしても実際にはほとんど着ないで終わる服もある、そんな感じで、心の奥底からぐっときたものでないと自分にとっての本物にはならない。だからファッション的な絵というのも、感性をやわらかくして使いこなせるようにしておかないと、自分にとっての本物を選ぶことはできない。なんとなく他の誰かのものを自分のものだとかんちがいして選んでしまったりする。

2021-07-05 07:53:00

昨日は二日酔いでずっと寝てた。夕方近くなって何か食べたくなり、豆腐を麺つゆとはちみつで煮たものを食べた。昔、テレビでとうめしという、ご飯に煮込んだ豆腐をまるまる一丁のせた食べ物をみてから、たまにそのイメージで豆腐かけご飯を食べたくなるときがある。中学の頃、ご飯に豆腐をのせて食べるという同級生がいて、その時には気持ち悪いと思ったのに、人は変わるものだ。

人見知りについてふと思い浮かんだこと。最近はそうでもないけど、私もわりと人見知りなほうで、幼い頃は言葉がしゃべれないのじゃないかと思われてしまうほどの人見知りだった。自分がもっと魅力的になって自信が持てれば、人見知りしなくて済むんじゃないかと思っていたけど、それとこれとは関係ないのかもしれない。めちゃくちゃ魅力的で、その人から話かけられたり微笑みかけられたりして喜ばない人はいないだろうと思えるような人なのに人見知りという人もいるからだ。(←この文のなかに人という字がたくさん出てきて書いててちょっと笑ってしまった)
自分が目を合わせたり、ほほえみかけたり、話かけたり、気にかけることで、人を喜ばせることができる、喜んでくれる人がいるということにもっとフォーカスして生きてみようと思ったりした。もちろんそうじゃない場合もあるだろうけど、それは相手の持つ問題であって、こっちには関係がないし、変えることもできない。それに自分に足りない部分に意識を向けようと思えばいくらでも出てきて生きていられなくなってしまう。とりあえず今日いちにち、この意識で暮らしてみようと思う。

2021-06-27 22:15:00

宇多田ヒカルがノンバイナリーだと公表したことをネットで見かけて、そうなんだぁ、と思って、その日の夜、ごろんと転がっていたら思いついたのだけど、自分自身の性別だったり、恋愛対象だったり性的対象だったりが流動的じゃない人のほうが実は不思議かもという気がしてきた。自分自身の性的な認識も確かに社会的な性別としてははっきりわかりやすいかもしれない、けれど、性別関係なく誰しもの中に男性性と女性性の両方は存在している。そのバランスが大きいほうが自身の性別である。でも日によって、環境によって、体調によって、変化しているはずなのに、どうしてはっきり決めることができるのか、そっちの方が不思議で仕方ない。恋愛対象や性的対象についても、どうしてそんなにはっきり決められるのは不思議で仕方ない。私の場合は、友達がほとんどいない。友達の敷居が高いのかもしれない。友達であっても、惚れることのできる人、万が一、性的な行為をしてしまっても後悔しないぐらいの人しか友達になりたいと思わないからかもしれない。惚れたり性行為をしたりというのと、相手に何かを要求するような愛情とはまったく別物だと思っているから、惚れたからといって性行為したからといって、さあお付き合いしましょうとか結婚しましょうとか、そういうことには繋がらないと思っているからだろう。他の人たちは、友達と恋愛対象、性的対象とはっきりわけることができているのがすごいと思う。

2021-06-23 22:44:00

毎日ここに書きたいことは次々に出てくるのに、書き留めないものだから次々に忘れてしまう。古い原付をジモティに出品してて売れそうだったのだけど、結局、見送りということになった。売るために状態確認がてら、自分で乗ってみたら、引っ越してきた街は思ってたより運転しやすくて、このまま自分で乗り続けてもいいかなと思っていたので、まあいいか。でも今月もう少し収入があればウーバーしないで制作に時間をかけれるのになとちょっと残念でもあった。お金ないにもかかわらず、食べ物買いに出かけて、植物買って帰ってきたりした。ラベンダーとイタリアンパセリの花とダリアを1輪。部屋が狭いから少しの花で十分に存在感がある。そういえば野菜が一番安いのが近所のファミリーマートだったのにびっくりした。コンビニだから高いものと思ってた。肉と魚はこの店、トイレットペーパーはこの店、お惣菜はここ、という感じである程度、近所のお店の感じがわかってきた。この前はテナガエビを釣ってきて、素揚げして食べた。夜の、人が少ないしんと静まり返った川でゆっくり釣りをするのはたのしかった。

2021-06-17 00:40:00

今日は引っ越し先の新しいホルモン注射のクリニックに行ってきた。前通っていた病院は車でないと行けない場所だったので、自転車で行ける病院に変えることにしたのだ。なぜか前日から緊張してて、当日も緊張した。半年に1回は血液検査もするらしく、今日も血液検査をしないといけなくて、それも怖かった。とにかく針が苦手なのだ。今まで通っていた病院は町のお医者さん的な雰囲気のとこだったけど、新しいとこはビルの高層階にあってオシャレなクリニックだったので、着いてしばらくは緊張しっぱなしだったけど、お医者さんも看護師さんもすごく優しくてびっくりした。優しいけど適度な距離感で都会的だった。しかも注射もそこまで痛くなかった。毎回、前日とかから緊張しっぱなしで時間がもったいないなと思いはするけど、こればかりは仕方ない。都会なので、自転車を駐輪するのにもお金がかかった。帰りは雨だったけど、好きな長浜ラーメンの店に寄って帰った。男の人はラーメン食べるの上手だなと思う、ズゾォーっと麺を吸う。

引っ越してもう2週間ほどたつ。そろそろ、生活のリズムの大枠を作りたい。細かい部分はその日その時々の気分と直感で決めるとして、大枠がないと不安になってしまう。

1 2 3 4 5