アトリエ通信(日記)

2021-10-17 23:20:00

もう2週間も経ってる、前回の日記から。新しいフードデリバリーの仕事を始めてみたけど結果惨敗だった。ウーバーと同じ内容の業務なのにそもそも注文が飛んでこない。ウーバーはAIが振り分けてくれるけど、新しいとこは完全手動で振り分けてるらしく、個人の委託契約にはあまり回ってこないようだ。収入を期待してただけにかなりへこんだ。やっぱり地道にウーバーしながら、創作していこうと思う。ただもっと自分の作品を人にみてもらう機会を増やそうと決めた。新作を描くことも大切だけど、今のままでは誰もいない大海原で叫んでいるようなもの。もっとみてもらうようにいろいろ行動してみようと思う。

今日から急に寒くなった。6月に引越してきたのだけれど、長袖はほとんど処分して夏物しか持ってきてなくて、とても寒い。毛布もない。寒くなる頃にはばんばん稼いでるだろうから新しいの買えばいいやとか思ってたのに想定外だった。とりあえず、ある分で何とかしのぐことにしよう。

あと密かに、ごく個人的な事柄なのだけれど大きな決断をした。続くかはわからないけど。続けることが、自分の中の弱い部分と戦うことにもなる。戦うのがいいのか、認めるだけでいいのか、いろいろ試してみようと思う。自分の中にある弱さが邪魔をして、理想の日常を送れていない。何歳になっても変わらないままだ。

2021-10-03 22:46:00

玉ねぎと冷凍の鶏肉があったので、カレーを作った。味は普通にゴールデンカレーのルウの味でおいしかった。まだ明日も一日食べれそうな分残ってる。今日はウバ配達の後半は行く予定にしてたけど休んだ。おにぎり3つに飲み物も2本作ったのに、気分が乗らずに行くのやめた。行きたいときだけ働けるのはとてもいいけれど、報酬のシステム上、今日中に決まった配達回数をクリアしないと上乗せの報酬が入ってこない。だから本当は休んじゃだめだった。でも、ぎりぎりクリアできなそうな回数を残してたから怖くなって逃げることを選んでしまった。こういう少しマニアックな仕事のことをさらっと誰かと共有できたらいいなと思ったりする。個人の仕事だから、ちょっとした気づきとか面白かったこととか辛かったこととか、めちゃくちゃ些細なんだけど、自分の中だけでしまい込んでおくのも気持ちが悪い。かといって、SNSで投稿するのも怖い、職種が職種なだけに。ひとりっきりで抱え込んで仕事してる人って本当にすごいな。でも、創作に関しては、そこまで共有したいことがないかもしれない。たぶんあまり動いてないからだろう。動かないと。

2021-10-01 23:09:00

夏から創作を少しお休みしていた。副業に力を入れたいということもあったからだ。予定では年内は休もうと思ってたんだけど、年末を待たずに再開することにした。とはいえ、新しい副業も始める予定なので、うまく両立できるかわからないから、どうなることやら。とりあえず、ここの日記だけは続けていけたらいいなとは思っている。
ここ数日、Kindleで瞑想アートという本を少しづつ読んでいる。昔も見かけたんだけど、ただのスピリチュアル本かと思って読んでいなかった。実際、読んでみると、スピリチュアル本ではなくて、芸術の本質に触れる、とても興味深い内容だった。いつも本は一気読み派だけど、少しづつ消化させながら読んでる。自画像について、今まで考えたこともなかった認識ができた。
今、財布に50円しかない。というわけなので、明日もウバ配達がんばろうと思う。

2021-07-08 05:20:00

早起きした。早寝したわけでもなくて最近気温が微妙で寝苦しいからあまり長く寝ていられない。昨日は氷枕を買ったのでいつもより気持ちよく寝れた。年々この時期は体温調節が苦手になってきている気がする、けどそうでもないかも。数年前にもっと夜寝苦しかった時期があった気がする。たしか敷布団を買い替えた時期だった。

そんなことはどうでもよくて、今朝思いついたことは、私は自分で思ってる以上にというか、ほぼ自覚がなかっただけかもしれないけれど、絵について、かなりのすききらいがあるんだということ。絵に関しては、実は誰にも譲れないようなこだわりがあって、それは自分の創作についてではなくて、絵そのものについてのこだわり、というかすききらいなのだけれど、それは説明できるような基準は存在していなくて、純粋に自分の感性だけで判断できる類のもので、しかも一瞬で決まる。だからこそ本物だと思う。変化していく本物。その日、その時の自分の感性で決まる、しかしそれは頭で決めるものではないので、自分の感性だけではなく、地球や風や温度やなにかの粒子やらといった自然そのものの流れにも影響されたすべての要素を通り抜けてきて最終的に私自身の直感という感性によって決まる。

絵を観るという行為もこれと同じようにして観てしまう。すきかきらいか。それは頭は使わない。自分にとって刺さるかどうか、ぐっとくるかどうか。絵に関してこのことは譲れない。作家の性格、経歴や取り組む姿勢、作品に込めた意図などは、作品そのものと切り離して観てしまう。でもこうやって絵と向き合っていくのはとてもおもしろい。せっかくの芸術なのだから頭でっかちではおもしろくない。もっと感性を五感を使って、自分自身の能力や可能性について知ることができるのが芸術で、それは創作する側だけでなく観る側も同じで。

もっとみんなすききらいで絵や芸術を楽しんだらいいのにと思ったりした。私はファッション的な絵も好きなのだけど、たぶんそういう思いがあるからだろう。決して、流行りがどうとか好かれるためのファッションという意味じゃなくて、個人のすききらいというオリジナルな感性と絵が結びつくというところに魅力を感じているのかもしれない。
感性を使うのは意外と難しかったりして、なんとなく良いかもと流行りにのった洋服を買ったとしても実際にはほとんど着ないで終わる服もある、そんな感じで、心の奥底からぐっときたものでないと自分にとっての本物にはならない。だからファッション的な絵というのも、感性をやわらかくして使いこなせるようにしておかないと、自分にとっての本物を選ぶことはできない。なんとなく他の誰かのものを自分のものだとかんちがいして選んでしまったりする。

2021-07-05 07:53:00

昨日は二日酔いでずっと寝てた。夕方近くなって何か食べたくなり、豆腐を麺つゆとはちみつで煮たものを食べた。昔、テレビでとうめしという、ご飯に煮込んだ豆腐をまるまる一丁のせた食べ物をみてから、たまにそのイメージで豆腐かけご飯を食べたくなるときがある。中学の頃、ご飯に豆腐をのせて食べるという同級生がいて、その時には気持ち悪いと思ったのに、人は変わるものだ。

人見知りについてふと思い浮かんだこと。最近はそうでもないけど、私もわりと人見知りなほうで、幼い頃は言葉がしゃべれないのじゃないかと思われてしまうほどの人見知りだった。自分がもっと魅力的になって自信が持てれば、人見知りしなくて済むんじゃないかと思っていたけど、それとこれとは関係ないのかもしれない。めちゃくちゃ魅力的で、その人から話かけられたり微笑みかけられたりして喜ばない人はいないだろうと思えるような人なのに人見知りという人もいるからだ。(←この文のなかに人という字がたくさん出てきて書いててちょっと笑ってしまった)
自分が目を合わせたり、ほほえみかけたり、話かけたり、気にかけることで、人を喜ばせることができる、喜んでくれる人がいるということにもっとフォーカスして生きてみようと思ったりした。もちろんそうじゃない場合もあるだろうけど、それは相手の持つ問題であって、こっちには関係がないし、変えることもできない。それに自分に足りない部分に意識を向けようと思えばいくらでも出てきて生きていられなくなってしまう。とりあえず今日いちにち、この意識で暮らしてみようと思う。

1 2 3 4 5